Henry Cow - Unrest

Unrest  70年代末、英国ではパンクムーヴメントが勃発し、更にニューウェイヴと呼ばれる波が到来してきたころ、かつてから活動していたバンドの影がどんどん薄くなっていった。しかし時代の流れとは全く相見えないところで活動していたバンドにとってはそれこそ何処吹く風、と言わんばかりに傑作を密かにリリースしていたりする。アヴァンギャルドな音世界にとってはそれは日常のことでもあり特段意識するようなことでもなかっただろうが刺激にはなっていたんだろうな。しかし古くからおなじような音楽手法を採り入れていたバンドはやはり存在しているモノで、その中のひとつにヘンリー・カウというバンドがあるのだな。

 あのヴァージンからのリリースで、当時から前衛的と呼ばれていたハズ。ヴァージンレコードってのはえらくニッチなサウンドを奏でるバンドを発掘してリリースしていったレーベルだし、そもそもマイク・オールドフィールドの「Tubular Bells」だって売れたのが不思議なくらいのサウンドだしね。ま、そんなことでヘンリー・カウのアルバムデビューは1973年。活動歴は1978年頃までじゃないかな、多分。人脈的なところが結構複雑で、ドイツ人ボーカルのダグマー・クラウゼで有名なスラップ・ハッピーとほぼ混合編成のバンド形態になることもあって、また音楽的にもかなり近似していたところもあるので両者を切り分けるのは難しい時代もある。共作でリリースしているアルバムもあるし、ライブではお互い入り乱れていたみたいだし、なんかよくわかんない世界(笑)。

 で、このヘンリー・カウ、今じゃいくつも発掘アルバムが出てるけどシンプルに一作目から三作目までは靴下ジャケット。並べてみるとなかなか面白かったりするのでついつい音はともかく集めたくなるものだったのだ(笑)。その中でも一番傑作なのはセカンドの「Unrest」かなぁ。うん。でも、やっぱり相当のアヴァンギャルドな音なので一般的にオススメするものではない、と思う。This HeatやPop groupなんかとは違ってもっと温かみのあるコミカルな、そして不思議感と浮游感のあるカンタベリー系独特の雰囲気は持っている感じのアヴァンギャルド。プログレって言われる延長線上に位置してはいるんだけどこの発展性は面白くて、認識によるんだろうけど後に出てくるノイズ・アヴァンギャルド系のサウンドの走りでもある元祖じゃないかとも言えるしさ。しかし、まぁ、それらとは大きく異なってるのは使われる楽器の数々。ちょっと聴いているだけでもピアノやサックスやその他もろもろの音が聞こえてくるんだけど、やっぱりヴァイオリン、オーボエなんてのも使われているんだね。で、重要なのはリンゼイ・クーパーフレッド・フリスっつう奇才がいるってことだな。この人達って確かソロ作でも出していると思ったけどもう、現代音楽フリージャズの境目あたりの筆頭でね、よくわかんないけど奇人だよ、聴いてると。

 そんなヘンリー・カウの作品、ジャケも良いがライブも凄い。白熱っつうのとはちょっと違う、もっとクールな、という方が良いかな。リフレインに乗せたミニマルミュージック的志向を持つやっぱりカンタベリーの血が入っている浮游感はよろしい。

Slapp Happy - Casablanca Moon

Casablanca Moon/Desperate Straights  ヴァージンレコードの話が出たところで…、マイク・オールドフィールドのような前衛的な音楽を最初からリリースするという実験色の強いレーベルのイメージがあったワケだが、それでも拒絶したサウンドというものがやっぱりあったんだなぁ。それがアマチュアレベルのものだったり音楽的価値がないものであれば別に何とも思わないんだけど、そうじゃない作品なのでちょっと不思議。まあ商売センスに長けた人間もいたってことだろう。カンタベリー系譜の中でももっとも難解且つ発展しているバンドはヘンリー・カウ周辺なワケだが、その前身…というかまぁいいや、ややこしい話はどこかのウェブサイトで見てもらうとして、ダグマー・クラウゼが最初にメジャー(?)になった記念すべきバンド、Slapp Happyのファースト「Casablanca Moon」のポップさを堪能してみた。

 …とは言っても全くメジャーではないアングラなアバンギャルドバンドとして語られることがあるが故になかなかこのファーストアルバム「Casablanca Moon」のポップさが浸透してないのもある。何も知らずに普通にラジオや店頭なんかでこれが流れていたらもっと自然に手を伸ばす人も多いんじゃないかな。ケイト・ブッシュがあれだけメジャーならばこの「Casablanca Moon」もそれなりにメジャーでもいいはず。そう、そんな感じの音楽なのだ(…と言ったら怒られるかもしれんが)。切ないバイオリンとピアノが奏でられ、七色変化のダグマーの美しい歌声が鳴り響く知的で極上のポップスなんだけど、やっぱりどこか暗さとロックさとカンタベリーさがあるんだよな、ここがアングラな理由なんだろう。しかし一聴した限り、大変極上サウンドで聴きやすいのは間違いないのでもっと違った括り方で語られた方が面白いはず。

 ちなみにこのファーストアルバム「Casablanca Moon」が何故にヴァージンに拒否されたか。元々は今やCDでも聴ける「Acnalbasac Noom」というアルバムとして1973年にドイツの有名なバンド、ファウストをバックに配して録音された作品だったのだが、そのあまりにもドロッとしたバンドの音には受け入れられなかったようだ。そのドロさを取っ払ってイギリス人のミュージシャンを使ってさっぱりとしたポップス調に仕上げられたのがバージン盤「Casablanca Moon」なワケで、そのいきさつがまるごとCDで聴けるというのも面白い。聞き比べて、どっちがいいかお試しあれ。もちろんどっちも良さはあるから一概に言えないけどね。ちなみに現行CDでは彼等のセカンドアルバム「Desperate Straights」とカップリングで二粒おいしいのでお得♪ こっちはヘンリー・カウがバックについたかなり前衛的なサウンドにダグマーの歌が相変わらずのポップさでのっかった摩訶不思議な音楽。以降Slapp HappyはHenry Cowに吸収合併されるのであった…。

Slapp Happy - Sort Of

ソート・オヴ(紙ジャケット仕様) アヴァンギャルドの定義って何?そう言わせたくなるバンドも中にはあって、これってポップスに近いじゃないか、ってのを実践していたのがスラップ・ハッピーというバンド。英国人のアンソニー・ムーアとアメリカ人のピーター・プレグヴァルっても名前がアメリカ人じゃないからなぁ…(笑)、それにアンソニー・ムーアの恋人だったドイツ人のダグマー・クラウゼの三人で創り上げたバンドで、不思議なんだけどドラムもベースもいないのにどうやって出てきたのか…、よほどアンソニー・ムーアの才能が光ったんだろう。

 1972年リリースのデビューアルバム「ソート・オヴ」、バックの演奏はどういう交流があったのかわかんないけどファウストの面々がやっている。まぁ、その世界って結構狭かったりするのでアヴァンギャルド志向の人達が一緒にいてもおかしくないんだけど、その時点でなぜスラップ・ハッピーがアヴァンギャルドに属していたのか?まぁ、やっている当人達には単なるヘンなバンド仲間って感じなんだろうけど、不思議なアングラシーンだったんだねぇ。ファウストの面々にしても恐らく鍵盤と歌だけが入れられたテープを元にここまでのバックが付けられているだろうから、さすがにヘンな才能に秀でていたミュージシャン達なことが証明されているんだな、これ。

 しかしそれよりも凄いのはやはりダグマー・クラウゼの歌声。天使のように聞こえてしまう澄んだ声で妙〜なバックのサウンドとは全く異なる異質なポップメロディを歌い上げてくれる。このファーストアルバム「ソート・オヴ」ではまだもう一人のピーター・プレグヴァルの歌もかなりフューチャーされているのでそれも不可思議な世界を作ってくれているんだけど、これってホントにアヴァンギャルドか?そう思えるくらいこの変なバンドは万人にオススメできるものなのだ。

 でも、ヘン、だけどね。

 何がなんだろうか?リズムもメロディもベースもあるしちょっとカラフルに彩られた音色が入っているだけで、一体何がヘンなんだ?メンツだけで決めていないか?という側面も大きいと思うけど、実際聴くとやっぱりどこかヘン…。このアルバム「ソート・オヴ」は後の「Casablanca Moon」の素晴らしさには劣るが、そんじょそこらのバンドからしたら圧倒的に素晴らしい質の作品なのだ。どれもこれも愛らしい歌声が良くてね。

 でも、ヘン(笑)。