Mike Oldfield - Tubular Bells

Tubular Bells  カンタベリー人脈の中でも少々意外な、というかケビン・エアーズやバージンレコード絡みで語られる有名なアーティストにマイク・オールドフィールドがいる。少年時代から早熟な音楽少年で、姉のサリー・オールドフィールドとのサリアンジーってバンドを組んでいたり、先のケビン・エアーズのバックでベースを弾いていたりしたというのもあり、割と知られる存在だったようだが、そのひねくれ者(?)の少年は人と演奏するよりも自分一人で作業を進める方が良いモノができると信じていたようで、実際に一人で全ての楽器をこなし録音を行ったアルバムが「Tubular Bells」なのだった。

 1973年リリースということらしいが、そのいきさつも結構面白くって、一人で録音したデモテープを各レコード会社に送りつけたらしいんだけど、誰も相手にしてくれなくて(そりゃ一曲20分なんてのはなぁ…いくらプログレ全盛時代と言えども無理だろうよ)、当時新興レーベルを立ち上げるかどうかってタイミングだったバージンレコードがベンチャー精神に乗っ取って契約し、バージンにとっても最初のレコード発表アーティストとなったワケだ。

 アルバム「Tubular Bells」は2000回とも3000回とも言えるオーバーダビングが繰り返されマイク一人で創り上げられたようだが、そのバックボーンには良く1975年に素晴らしいソロアルバムを発表する元Jade Warrior(元ジュライ)のトム・ニューマンの助力もあったらしい。

 で、アルバムの内容なんだけど、正直、寝る(笑)。いや、ホント。聴くぞと云う意志を明確に持たない、あるいは音楽的な部分には興味がなくっていわゆるロックだぜ〜って感じのリスナーには退屈きわまりない音楽だと思う。自分でもそうだったし(笑)。ところが、だ、ちょっとその気になって聴くとイントロの繰り返されるリフレインから徐々に変化していくサウンドと紡ぎ上げられる楽器の音色の美しさにひたすら惚れ込んでしまうのだ。タイトルの「Tubular Bells」の響き渡る音色に聞き惚れてしまってからもまだまだ余韻をたっぷりと楽しみながらいつの間にかこのミニマルミュージックは終わりを迎える…、そう、聴いていると実に時の流れが速い、というよりもあっという間に時間が経ってしまう、そんな美しさと繊細さを秘めた心表れる優しい作品。そして一人でこれほどの楽器を19歳にして演奏してしまう技術も素晴らしい。ところどころで聴かれるフレージングや音使い、浮遊感とアバンギャルド、ポップと変拍子など実にカンタベリーサウンドから多くを学んでいるとも言えるかな。

 映画「エクソシスト」のテーマとしてこの作品の冒頭のイントロが使われたことで、このアルバムをかける=恐怖という印象を持つ人も多くってね、もったいない。ちゃんと聴いてみればそれがどんなに牧歌的に展開するか聴けて幸せな気分になれるかってわかるんだけどね。ま、そのおかげでバージンカンパニーは今じゃ立派な大企業、このアルバムのヒットがなければあり得なかったかもしれないんだから、この独断行為は否定できないんだろうな(マイクは映画音楽になることを知らなかったらしい)。

 ともあれ、歌は一切入っていないインストの環境音楽的に聴ける作品なのでプログレとかどうのとか言う次元ではなく美しさを聴いてみると幸せに浸れます。絶対にブリティッシュでなければ出てこない音楽。

Mike Oldfield - Hergest Ridge

Hergest Ridge  ここの所暑いせいかあまり無駄な活動をしなくなってきていて…、割と家に帰るようにしている…っつうか、それ当たり前なんだけど、なかなか難しくてさ(笑)。ついつい遊び呆けてしまうんだけど、さすがにねぇ〜、なんか飽きてきたのでまた家に籠もって音楽聴いたりマックしたりする方が多くなってきたと思う。その分他のブログさんにもあれこれとコメントしたりトラバしたりと地味なことしてたり。んなことしてるとやっぱり情報が入ってくるもので、やっぱり相互の情報交換ってのは趣味の世界でも非常〜に有益なことで、おぉ〜、そんなのあったのか〜、とかへ?そんなのあり?みたいなのとか色々あって面白い。それで、だ。ちょっと前に衝撃的且つ自身の知識のなさを実感したのがマイク・オールドフィールドの「Ommadawn」。うん、「Ommadawn」そのものはともかくながら、そのクレジットで「Clodagh Simonds」ってあるワケよ。それで「へ?」って思った次第…。

 Clodagh Simondsって人はアイルランドの女性歌手でしてあのメロウキャンドルの歌姫として有名。メロウキャンドルがあまりにも素晴らしく、その後いくつかのバンドで…なんてのも見つけたり、ここで紹介したりしたけど他の人の作品に参加しているとは思わなかったし知らなかった。いやぁ〜、英国のマイナー所の人達ってそういう繋がりってあんまりないのかなぁ〜なんて思ってたからかもしれないけど、とにかく驚いた。有名な話だったんだろうか?そんでもってちろりと調べてみるとマイク・オールドフィールドの作品には結構参加しているみたいで、「Hergest Ridge」「Ommadawn」「Amarok」「Tubular Bells III」あたりでクレジットされているようだ。それで今あちこちと探して未聴分を集めているところ。いや、マイク・オールドフィールド自体にはそれほど興味はないんだけど、やっぱねぇ、そういうことなら英国好きとしてはやっぱり追求したくなるんです(笑)。しかし98年の「Tubular Bells III」にも参加しているんだからその交流は深いんだろうな。

 ってなことでマイク・オールドフィールドのとりあえず「Hergest Ridge」という1974年リリースの二作目。前作「Tubular Bells」が世界的大ヒット…と言ってもその実、映画エクソシスト自体が1974年の公開なので、「Tubular Bells」がそこそこ売れた後にこの「Hergest Ridge」も売れかけていたところにエクソシストのホラー的人気がチャートを独走してしまったがために「Hergest Ridge」は自分の「Tubular Bells」に軽く追い越されることになったらしい。なんともやは、Virginにとっては嬉しい悲鳴だったんだろうな。

 それでこの「Hergest Ridge」なんだけど、最初の「Tubular Bells」とこの後の三枚目「Ommadawn」と比べると些か起伏に欠ける感じはあるけど、トータル的にはヒーリングミュージックに近いので悪くないしね。マイク・オールドフィールドのメロディアスなギターソロとかが大変よく目立つので、なんかいいなぁ〜って思ったり。楽曲的にはもちろんトラディショナルな楽器がいっぱい使われていて相変わらず多重録音で凝ってるなぁ〜と。まぁ、環境音楽に近いので、ここで英国フォークの、とかアイルランド的な、とか言う形容はなかなかできない。ただ、ひたすら垂れ流していても綺麗でシーン毎に情景を浮かべることのできる音。

 それで、だ、肝心のクロダー・シモンズという女性なんだが…、果たしてどこに?ちなみに姐のサリー・オールドフィールドも参加しているんだけど…、やっぱりこの女性コーラス部分しかないだろうなぁ…(笑)。あの天上の歌声を持つクロダー・シモンズを単なるクワイヤで使ってしまうというのもこれまた凄い…。マニア的に、コレクター的には何とも哀しい使われ方…。まぁ、しょうがない。仕事だ…。

 ついでに…。このアルバム、LP時代のオリジナルミックスとCD時代のミックスが異なっているらしく、その印象が全く違う作品として知られている。いまでもオリジナルミックスはCD化されていないんじゃない?意外な盲点だったけど、作品を進化させたいアーティストはそういう手段もあるのかなぁと、ザッパを見ていると思うけど、マイク・オールドフィールドもそういうところがあるのかもしれないね。

Mike Oldfield - Tuburar Bells II

Tubular Bells II  秋が深まり、もう冬の訪れを感じる今日この頃、やっぱり秋ってのは短いのぉ〜。人生春の方が短いとも思うが秋もさながら。しっとりとした休日の朝、肌寒さを感じながらフラリと流した音楽がマイク・オールドフィールドの作品。「Tubular Bells II」。

 1992年リリースなのでオリジナルの「Tubular Bells」から19年後に録音した作品。当時イエスのトレヴァー・ホーンとの共同ワークを行っていたが故に実現した続編だったとか。もっとも当時からウワサで出る出ると言われていたものでもあり、本人がその気になれば、ってことだったらしいので、そこにてトレヴァー・ホーンのアドバイスは大きかったのか。面白いのはそれだけで終わらずにやはりオリジナル作品収録時に活躍したトム・ニューマンを呼び寄せて共同ワークさせてしまったところ。この人ヴァージンの専属って感じだったんだけど、やっぱり「Tubular Bells II」のためならと出てきたようだ。音の魔術師が揃ったところで録音開始。

 基本的に「Tubular Bells」の踏襲。だからテーマも構成もほぼ同じ。使われている楽器なんかも似たようなものなんだろうなぁ。だから安心して聴いていられるし、ある意味聴く必要もない(笑)。ただ、やっぱり盛り上がるシーン…、A面ラストあたりとか終盤はゾクゾクするもんね。そして最後にバンジョーで全く異次元の楽曲、それでももちろんトラディショナルに準じた影響を感じさせる曲だけど、「Tubular Bells」を聴いていると異質な感じのする曲で終了。なんとも素晴らしい。もう一度一人で2400回のダビング作業をするのか、という悟りに至るまでは時間かかったんじゃなかろうか。それとも性格的に細かいから割と普通にできちゃうものなのだろうか?最初から2000回以上のダビング作業があるよ、とわかっていたら取り組めるだろうか?いやぁ〜、アーティストのアーティスティックな部分なので何とも言えないけどね。

 ジャケットの色が良いね。深いし厳かさもある、なんとなく高貴な印象もするジャケットでさ。どうしても「エクソシスト」の印象のままでもある人だけど、普通に偏見なく聴くと凄く音色の綺麗なカンタベリーに近いサウンドでアンビエントでもあるけど軽くて聴きやすいと思う。多分集中力だけは必要になるからそういう時間が取れる人、もしくは好きな人じゃないと受け付けにくいのかもしれない。でも基本、アコースティックだからねぇ、これ。

Sally Oldfield - Water Bearer

ウォーター・ベアラー(水の精)  ご存じMike Oldfieldのお姉様のSally Oldfield。19歳の時にサリアンジーでデビューしていたワケだからそこから1978年に最初のソロアルバムをリリースするまでの10年程度の期間が空いていたのだが、何が彼女をそうさせたのか無事に…と言うか、とんでもなく素晴らしいクォリティでのアルバムリリースに漕ぎ着けたところは凄い。その合間に有名なコーラスワークとしてSteve Hackettの「Voyage of the Acolyte」の最後にコーラス参加しているというものはあるけど、他にはそれほど目立たないし、弟君の作品に登場しているワケでもないようだし。まぁ、それでもアルバム一枚をほいっとリリースできちゃうのだからコネが強いのか才能なのか…。

 そしてそのアルバム「ウォーター・ベアラー」なんだけどね、まずジャケットが素晴らしいんですよ。滝の下の泉に佇む白いドレスの女性…、なんか幻想的ですよこれは。んで、アルバム自体は「指輪物語」にインスパイアされた組曲を収録しているということで、ほほ〜ぉ…と期待するのです。そして針を落としてみるとさざ波の音から始まり軽やかにロックの世界ではあまり聴き慣れないマリンバなんかの音がしてくる…どっちかっつうとドラムとかエレキギターとかの音がないのでちょっと驚きつつも、このフォークな感触は好みの世界なのでワクワクしてくるしね。聴いているとこの人絶対アイリッシュの血がいっぱい入ってる…ってことに気付く。そういうメロディや資質がそこかしこに出てくるもんね。

 さて、その組曲なんだが…、全く組曲としか言えないのだけど、どれもこれも柔らかく優しく…、他の女性アーティストや歌姫と大きく異なるところはですね、サリー・オールドフィールドという女性はこのアルバムのほぼ全ての楽器を自分で演奏しているということでして、弟君と同じくとんでもないことやるんだな〜というモンなんだけど、そのせいなのかどれもこれも非常に女性的な繊細さやアプローチやまろやかさなどがにじみ出ていて粗雑で粗野な男性的な部分が全く見当たらない。だから作品そのものが女性という個人的な代物になっているんだな。そういうのって他にはないからさ、ちょっと変わった感触で聴ける音世界。

 「ウォーター・ベアラー」の音そのものはフォークというかアイルランドフォークというか時代が1978年というのもあってちょっとケイト・ブッシュ的と言うのか浮遊したサウンド。よくプログレコーナーにあったりするのが可哀相でね。リラクゼーションとかフォークとかそんな感じの音だから。心地良いね。ただ、聴いた曲が側から流れていってしまうのでそういうところはどうなのか、とは思うが(笑)。

Sallyangie - Children of the Sun

Children of the Sun  マイク・オールドフィールドってもちろんあの「チューブラー・ベルズ」でのヒット以降はメジャーなミュージシャンとして歩むのだが、それ以前からシーンには顔を出していた天才ミュージシャンでもあったんだよな。Kevin Ayersのバンドでのベーシスト参加は二作で終わってしまったけど、その前には実姉のサリー・オールドフィールドとのデュオ作品に参加していたことも有名な話…。

 1968年にリリースされたサリアンジーの「Children of the Sun」ではMike Oldfield 15歳、Sally Oldfield 19歳かな?何にしてもこの年齢で自作曲で出てくるって、多分とんでもない話だろう、と思う。そんな天才肌の姉弟だったワケで、その後どちらも成功を収めていくのはある意味当然だったのかもしれないとすら思う。

 さて、このサリアンジーの「Children of the Sun」だが、同時代の似たようなアーティストで言えばDavid Bowieの最初期の作品に似た感性を聴けるかもしれない。トラッドに根ざさないファンタジーな感性を持ってアコースティックギターで奏でる感性…、この辺りのルーツってのは一体何なんだろう?と最近違う側面からもぶつかっているテーマでして(笑)、12弦ギターを掻き鳴らしただけでは出てこないし、かと言ってトラッドやアイリッシュというルーツには根ざしていない…、全くのオリジナルな感性で奏でて展開していくこの音こそミュージシャンのオリジナリティなのかもしれない。

 さて、サリアンジーではもちろん姉のサリー・オールドフィールドの歌がメインなのだが、これがまた浮遊した天使の歌声でとんでもなく可愛らしい歌声なのだ。まぁ、萌え系と言っても良いだろう、今の言葉なら。そこで彼女は実に色々な歌唱法を試していて、可愛い声からちょっとドスを効かせたような声など歌の可能性を広げている。弟のマイク・オールドフィールドの方はこれと言って素晴らしい個性を発揮してはいないけど15歳にしてこんなスタンダードなサウンドを奏でているのかと思うと驚くばかり。

 多分この辺りの時代にしか存在できなかった美しいアコースティックで奏でられるフォーキーな世界、その代表的な一枚がサリアンジーの「Children of the Sun」だから、いつも耳にしてほっとする一枚です。

Tom Newman - Faerie Symphony

妖精交響曲  妙〜な気分の時にはさすがにロックなどを聴いていないワケで、もちろんプログレなんて言う高尚な音楽を耳にもしたくないし、かと言ってヘヴィメタガンガンに流してってのはちょっと勘弁…、こういう時にマニアってのは色々な音を知っているからコレクションから今の気分に合う音楽を探してくることができるのがちょっと嬉しい(笑)。まぁ、音楽なんぞ聴かなきゃいいのだが、結構イヤな気分の時にそれにハマる音楽を聴くとそれなりに癒されたりすることもあるわけで、あぁ、それこそがヒーリングミュージックっていうものなのだが、何かそういうのを聴くかなぁ…と。で、思い付くものってのはさ、アディエマス?いや〜、ちょっとなぁ〜、ソフトマシーンニュークリアスの流れならともかく、クリムゾン関連の流れではなぁ…と一応気を遣って(笑)、いや、全然考えなかったんだけどさ。

 そんなことで、これがヒーリングミュージックかどうかっつうのはよくわかんないけど、落ち着いたサウンドで、まぁ、聴いているとどんどん沈んで行くような音楽でもあるんだけど、いいかなぁ〜って取り出したのがトム・ニューマンの「妖精交響曲」。1977年リリースのセカンドアルバム。正直云って一般的なロックではありません(笑)。ヒーリングミュージックっつうか…、チェンバートラッドっつうか、正にファンタジー世界を打ち出したような音楽で、まぁ、プログレの部類に入るんだろうけど…、ミニマルミュージックっつうのもあるか。マイク・オールドフィールドの「Tubuler Bells」が近いかもしれない。ホントにね、妖精が語りかけてきてもおかしくないくらいにファンタジーの世界を作ってて、しばらくマジメに聴いてるとそっちの世界に浸れるという代物で、ま、音楽っつうのはそういうの多いんだけど、こんな気分の時でもなきゃ聴かないからさ、こういう静かな世界観を語ってくるものっつうのはね。だから音が繊細なの。iPodとかMP3とかで聴いていては全くわからない繊細な音の煌びやかな世界をホントはアナログの温かみのある音でゆっくりと聴ければ良いんだけど、まぁ、とりあえずオリジナル盤は見当たらないだろうからCDで入手したんだよな。こんな音だとは思わなかった。やっぱステレオできちんと細かい音まで聴きたいアルバムです。ジャケットはね、表面は夜の世界に妖精が腰掛けている美しい絵で、中ジャケには妖精のいない昼間の世界が同じ角度で描かれていて…、こういうのも幻想的で好き。

 ああ、この人、古くはジュライっつうバンドにいた関係でサイケ色もしっかり知ってるし、その後はヴァージンレコードのプロデューサーやったりした人で、こないだやったジェイド・ウォリアーにはそのジュライのメンバーが関わっている関係上、彼も当然関わっていて4枚目以降のジェイド・ウォリアーの繊細で透明感溢れる音は彼の仕事によるもの。その延長線上で発展したのがこの作品で、ドラムのリズムとかギターの旋律とかは一切ありません。どんなんだって?う〜ん、フワフワする音。夢の中に入れる音。そして幻想世界に浸れる音。すなわち現実逃避できる音。故に今の気分にぴったりだった音。